ナースの日々自分を看護中

中堅ナースです。ナースあるあるや、思い付いた事を書いていきます。

点滴異物混入事件について

昨年、物騒な事件がありましたね〜

今年も早々に大阪の病院であったみたいですね。

点滴袋に穴が開いていたという事件が、、、。

 

こんなニュースを見ると、

何故⁈

と悲しい気持ちになりますね〜、、、。

 

 

でも実際、ナースステーションの管理は甘々です、、、。

今まで事件が起きなかったのが不思議なくらい。(気付かれなかっただけかも⁈)

良く考えると怖いですよねー!

点滴なんて、身体にダイレクトに入る薬だし、ナースステーションには注射器も針もたくさんあるのに!!

性善説???

 

ナースステーションには扉がある場合もありますが、オープン型で扉が無い場合もあります。

最近はだいたいの病棟はオープン型です。

だからといって、誰でも入りたい放題という訳ではありません。

必ず誰かはナースステーションに居るようにしています。暗黙の了解というやつですねー。

それに日勤はスタッフも多いので、まず誰かが入って来ていたら気付きます。

でも夜勤は違います、、、。

だいたい2人〜4人体制(病院によって、病棟によって様々!)で夜勤をしていますが、

必ずナースステーションが無人になる時があります。

それは、、、

夜になると、交代制で休憩に入りますが、その間も患者さんの体の向きを変えに行ったりしなければなりません。(褥瘡予防ですね。)

また、それと同時に排泄処理も必要です。

すると結構な時間ナースステーションが手薄になります。

 

ナースステーションには、劇薬は鍵付きで保管されているものの、点滴や内服薬などはそのまま置かれています。

 

そう考えると、あまりにも無防備ですねー。

 

でも全てを鍵付きで保管できる訳ではないし、

一回一回薬局に取りに行く時間もない、、、

 

本当にどうしたらいいんでしょうね〜!!!

 

大きい病院ではセキュリティが厳しくて、氏名を確認してからでないと病棟に入れないとか、

家族やお見舞いの方ようにカードがあって、患者さんからそのカードを渡してもらわなくては入れないとか、、、色々ありますねー。

 

 

でも、今まで言ったことは全て外部の犯行だったらの話です、、、。

 

 

もしも、点滴に異物を入れた人が病院内の人だったら、、、、

本当に怖いですよね。

 

 

病院の怪談話よりよっぽど怖いですよ!!

 

 

、、、、管理体制、どうにかならないですかね〜

やっぱり、「人員不足」の一言に尽きるんですかね〜、、、

 

 

 

新年そうそう暗い話ですみませんヽ( ;´Д`)ノ

看護記録~看護学校時代~

看護師になろう!!

という方。

 

頑張って下さい(´・ω・`)

 

そんな方々に、お伝えしたいことがあります。

 

看護学校に入ることよりも、その後の学生生活が大変だよ~~と、、、。

 

私は専門学校卒なので、看護大学の事は分かりません。

なので、看護専門学校の事を語ります。

 

 

周りの一般の大学生と看護専門学校の学生は全然違いますよ!!!!

もちろん1限目から授業があります(´・ω・`)

そして、学内実習でベッドメイキングや清拭(患者さんの体を拭く)などを習います。

ここから、恐怖の病院実習が始まります(+_+)

 

初めの実習は、コミュニケーション実習で、

病院の雰囲気や患者さんとの関係性の構築についてを学びます。

 

そして何より、早々に看護師さんからの洗礼を受ける子もいます(-_-)

いやぁ~ほんとにそれが一番の恐怖よ、ほんと。

 

だいたい学校の先輩とかから事前に情報が出回っていたりします。

〇〇病院の〇〇病棟の誰それさんに要注意とか。笑

怖いですよねーーー。笑

 

そして、本格的に実習をするようになったら、

看護記録の山が襲い来るのです"(-""-)"

本当に覚悟してくださいよ!!!!

アレはまじで量が半端ありません!!!!

 

私の時代は手書き厳守だったので、機械になったように書きまくりました、、、。

今はどうなんですかねー?

実習に来ている最近の学生さんはパソコン入力の人もいるし、

やっぱり学校によって違うのかなぁ~?

 

学生あるあるは、

実習先の病院に着いた時の

A子「今日の看護目標立てた?」

B子「まだ~今から急いで立てるっ!!!」

 

A子「今日担当看護師さん誰やろー」

B子「〇〇さんやったらいいなぁ、、、」

 

などなど。

そういう日に限って超怖い担当さんやったりしますよー。

 

 

 

夜勤前には、、、

病院によっては、2交代制と3交代制があります(-_-)

2交代制は日勤と夜勤。

3交代制は日勤、準夜勤、夜勤。

となります。

どっちが楽かと言うと、これは慣れですねー!

私は2交代制の方が好きです(^^)

 

ただ、

夜勤前には、、、

めっちゃ行きたくなくなります!!!

 

すっごい現実逃避します!!!

 

 

そんな時に限って、病院に着くと

救急車が止まっていたりするんですよねー(;д;)

 

ほんと、夜勤入り前の救急車どうにかして欲しい、、、

 

すみません。失言でした、、、。

 

 

体調の悪い方の為の救急車ですものねー!

 

 

分かっているんデスヨ。

救急車ダイジ。 

 

 

、、、、でも看護師だって人間なんだーーー!

 

天使じゃなーーーい!!

 

 

本当の怖い話

看護師にとっての本当にこわぁ~~い話をご存じですか?

 

「夜勤って、夜の病院怖くないの?」

と、よく他職種の方に聞かれます。

そんな時は、当たり障りなく

「慣れたら大丈夫ですよ~」

などど答えますが、、、、、、

本当はおばけなんかよりこわぁ~~い事があるのです、、、。

 

 

それは、日勤から夜勤に代わってから発覚する患者さんの容体変化や、

薬の飲み忘れです。

なぜ昼間に教えてくれなかったのか?!!と思います、、、。

大したことない内容なら良いのですが、どっちみちドクターに報告し、指示があり、対応し、、、、などなどしていると、少ない人数でたくさんの患者さんを受け持っている夜間帯はてんやわんやになります、、、。

夜勤帯はスピード命です!!!!!

大切なことなのでもう一度言います。

夜間帯はスピード命です!!!

急いでいる時にお化けが出てきても、素無視する自信があります!!

 

あと怖いのが、患者さんの転倒ですねぇ、、、。

ちょっとした転倒で骨折したなんてこともザラにあります。

なので、「頭打ってないですか?!どこ打ちました?!!」と必死に聞きます。

そして仕事が終わると、事故報告書です、、、。

インシンデントアクシデントシートとも言います。

今回の転倒の内容と原因を記入し、次からは気を付けよう!しっかりみよう!

という内容で書いていくのですが、

これもう絶対不可抗力じゃない??!!ってやつも

どうにかこうにかして対策案を書かないといけないのです(-_-)

そして周りのナースには同情の目で見られます(´・ω・`)

 

一番困るパターンのやつが、夜勤になって患者さんが

「お昼にちょっとコケて、尻もちついちゃった~あはは」発言です!!!!

ハイキタコレーーーー!!!!!

もう二度聞きするレベルです!!!

日勤帯に黙ってたんなら、もうこのまま黙っててよ。と。

いや、ナース失格ですな、、、。

でも、一回聞いてしまったら、打ったのは本当にお尻だけか、他はないか?

などなども聞いていかなければなりません、、、。

そして謎の報告書、、、、。

これ書く意味ある?!というヤツ。

 

 

あと転倒以外には、患者さんの

「ちょっとそこまで出てました」のパターン

ちょっとそこまででも、外出届がいる場合があります!!!

そこまでの範囲が分からないので、教えてくださいね!!!

「家が近いから」と言って自宅に帰っていた患者さんもいました、、、。

びっくりするわ!!!!!部屋行ったらおらんねんやもん、ビックリやわ!!!!!

となります。

これは本当に重要なので、是非覚えていてください。

 

一度入院したら、勝手に家に帰らないでください。

 

治療が必要なので入院しているんですよ、、、。

「え?なんで患者さんおらんの?」と、病室に来たドクターに言われて気まずい空気になるのは看護師なんですよーーーー!!!

そういう患者さんに限って満面の笑みで帰ってくるから、、、、(+_+)

 

 

怖い話、書いていたらキリがないので、続きはまた今度書きまーす( *´艸`)笑

ちなみにお化けも怖い時は怖いですよ~~

多分どこの病院でも一つや二つは怖い話があると思います。

病院だしね。

なので、お化け的な怖い話も、また今度書きまーす(`・ω・´)

血管あるある

人と話している時に、無意識に腕の血管を見て

注射しやすそうな血管やなぁ、、、

と思うことがあります。

しかも、それでだけでは飽き足らず、

これやったら何G(針の太さです)で行けるやろう、、、

とかも考えたりします。

もう職業病ですねー。

 

でも難しい血管に、サクっと注射針が入った時の快感と言ったらないですよねー( *´艸`)

今日一日ツイてるわ~!!と思います。

 

でも決して、太い血管が入りやすいというわけではありませんよーー!!

太くても弾力がありすぎたら私は苦手です(-_-)

そう!血管にも得意な血管と苦手な血管があるのです!!!

(得意げな言い訳です、、、(`・ω・´)笑)

私看護師ではありません!!!

病院で働いていると、だいたい自分の病院で受診します。

風邪を引いても、勤務中に受診しにいったり、自分で勝手に薬を飲んで直したりします。(看護師さんは薬いっぱい持っている人多いです。笑)

 

ただ、自分の病院で受診したくない時もあります。

私の場合は休日に体調を崩したら、勤務先の病院以外に受診します。

休みの日まで職場に行きたくありません、、、(-_-)

外来で入院患者さんにあっても、ねぇ、、、

あと、婦人科みたいなナイーブな科も他院を探します。

だって、、、、ちょっとねぇ、、、まだかろうじて女も捨てていないので、、、(=_=)

 

でも他院を受診するときは、看護師という事をひた隠しにします!!

多分これはあるあるですよねーー!!

問診票にも、医療用語を入れないように細心の注意を払います。

私痛みに弱いのですが、看護師さんって痛みに弱いイメージを持たれていることが多いんですよねー同業者に。笑

まぁ、私痛みに弱いですし、、、、(二回目)笑

なんか、あぁ、やっぱり看護師やりづらいわーってドクターにもナースにも思われたくない!!

そしたらやっぱり隠すしかない!!ってなります(>_<)

受診中も、なるべく医療用語を話さないようにしますが、

意識しすぎて、何が医療用語で何が医療用語ではないかわからなくなります(´・ω・`)

そして、たまに保険証の勤務先の欄を見られて、

「あれ?看護師さん?」

なんて受診の途中でばれた日には、その場から逃げ出したくなります。

もう、アレはマナーですよね。途中で気づいても知らないフリをして欲しいです。

 

で、翌日に勤務先に行って、他院にかかった事を言うと

周りのナースに「何の薬もらったん?」「あぁ、これかー」

と、ちょっと盛り上がります(*´ω`*)

 

 

あ、看護師は痛みに弱い発言ですが、

たいてい一病棟に最低でも一人はインフルエンザの予防接種や、職場の定期健診での採血とかで注射をされる時に、

「痛くせんといてなー!」「いややー注射痛いもんー」

なんて事を言っている人がいますよ~

もちろん、そんな看護師さんも、

その後患者さんには何食わぬ顔で注射を躊躇なくブスっとしていますがねー(-_-)笑

 

ナースコール争奪戦

※私が働いてきた病院基準で書いています。

えー、そんなん違う〜って思っても、ぐっと飲み込んで下さいm(_ _)m

 

 

新人看護師は、だいたい院内ピッチ(病院内で使える携帯)を持たせて貰えません。

担当患者さんも初めのうちは、数人です。

ということは、、、、

必然的に新人看護師は、何をしていいか分からない時間が発生します。

そこで、さも用事があるかのように、廊下をフラフラと彷徨ったり、尿意も無いのに何度もトイレに行ったりします。

でもそれにも限界があります、、、(;д;)

先輩の目も怖い、、、((( ゚д゚ ;)))

 

次なる手段は、ナースコールに出まくる!

ただし軽症部屋に限ります( •̀ .̫ •́ )✧笑

 

ナースコールが鳴ると(エリーゼのためにだったり、白鳥の湖だったり、、笑)

新人「私いきます」

先輩「いいよ〜私の部屋やから」

新人「いやいや、私今手が空いているんで」

などなど、必死に取ったりします、、、(-_-)

 

だって、仕事している風にしないと、周りの目が怖いんだもーーん!!!(;д;)

 

だからと言って、患者さんをたくさん受け持つ勇気は無いんですがね、、、( ´Д` )

 

 

ちなみに、日勤でも夜勤でも、先輩と一緒の勤務の時はナースコールや患者さんの検査出し、検体出しなどなど、

「私行きますよ〜」

という事が多いですね〜!

結構タテ社会というか、体育会系な職場の雰囲気が多いです。

先輩が「いいよいいよ、私行くから〜」と食い下がって来た場合は、

「もうカルテもほとんど終わってるんで、大丈夫です!」

なんて嘘もつくことがありました、、、笑

 

なんの嘘やねんっ!!ていうね。笑

 

 

あるあるか分からないけど、

ナースコール争奪戦でした〜笑

※もちろん、同期とも争奪戦しますよー笑